上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

こんにちは。
かりんとう宣教師 高山です。



◆ 今日のひとコマ  
「念じてごらん・・・ ホラ、トンボの大群」



仕事途中に、トンボの大群に遭遇。

おぉ~~~、すっげ~~~!!
と、思って、パシャパシャ iPhoneで
撮影してみたのが、これ。

「全然、見えないやん派」と、 
「おっ、見えた!!派」に スッパリと
不思議なぐらい分かれているのね、
この写真。


「見えた派」の人曰く、 心清らかにして
思いっきり念じると、見えてくるらしい・・・。
(ほんとかよ?)

それにしても 撮影したオレが一匹も
見えんって・・・ (愕然)







大人の
かりんとう工場見学




動画再生→クリック



かりんとうの原料って、お米だっけ??
焼いてつくるの?


…そんな素朴な疑問をお持ちの方 必見!


工場の若き職人たちをはじめ、
店舗スタッフが登場している 
このかりんとう動画で あなたも 
今日から「かりんとう通」
になれますw


さてさて、動画を見る前に、ちょっと
ここで、かりんとう予備知識を。

かりんとうの主な原料は、小麦、
砂糖、油、酵母(イースト菌)。

小麦と酵母を練って、発酵させて、
切って、油で揚げて、砂糖をかければ
ほら出来上がり。

うっ。  たった5行で 説明が
終わってしまったがな。 (汗)


まぁ、それほど シンプル
っていうこと(笑)

逆に裏を返すと、職人の技や、
原料の味が モロに 
でまくる 商品だったりします。


品質が天候に左右されやすい小麦に
関しては、何種類もある北海道産
小麦粉を吟味するところからスタート。

ひとくちに「小麦」と言っても、
「香りの良いもの」、
「味が良いもの」、
「食感が良いもの」など
それぞれに特徴があって、
まさに十人十色状態。


そんな中から、自分たちが理想とする
かりんとうを実現するのは
どの小麦なんだろ?という
「小麦探しの旅」がはじまるわけですよ。


北海道産小麦をブレンドして 試作して、 
食感・風味テストの繰り返し。

今風でいえば、小麦と小麦の
マリアージュかと。

あっ、覚えたての横文字なので、
使ってみたw






キツネ色の 味付けしていないこんな
感じのまっさらなかりんとうを 
食べていくんですね。

ちなみに小麦の風味・食感が
一番わかるのは、この「素揚げ」状態。

口の中に入れたときの風味、
一口かんだときの食感、
鼻に抜けていく香り…。


一番小麦の実力がわかる瞬間。


本当に旨い小麦に出会ったときは、
ちょっと塩を振ってあげるだけで、
極上のかりんとうに変身します。

あぁ~、ただね、この状態で
販売することがないため、
一般の方は絶対味わえないんですよ、
これ。

かりんとう宣教師が思うに、
じつは、この食べ方が一番贅沢な
食べ方かもしれません。

さらに、ここから 水の温度・量、
小麦の温度、 練るときの室温・湿度、 
練る時間、発酵時間の温度・湿度、
切るタイミング、厚さ、
切った後に休ませる時間、油の温度、
揚げ時間、油きりする時間などなどを
変更して最適な状態を見つけていくんです。

あっ、水の温度は1度違っても、
食感が変わったりすることも。

こんなことを繰り返し、繰り返して 
やっとできてくるのが、
「北かりの かりんとう」 だったりします。


ちなみに、大きな油の釜(かま)で、
あげて造るのでこの時期、 
工場内の気温は50度を超えるときも。

「かりんとう造っていると、
 汗がポタポタ流れる」

というわけで、誰が名づけたか、
この時期のかりんとう造りは


「かり~ポッターと
 賢者の石」
 

と呼ばれていたり。


えぇ、たぶん30年後ぐらいには、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに
テーマパークができているかとw。

あっ、汗などの衛生面は、細心の注意を
払っているので、御安心を。


今日は「小麦を練る」という工程の
ホンの一部をご紹介。

「ほぉ。いろいろと気にすることが
 あるのねぇ~」
と、かりんとう造りにちょっとでも
興味を持ってもらえたら嬉しいです。


たかが、かりんとう。 
されど、かりんとう。



次回から ちょっとずつ、
ディープなかりんとうの世界を
ご紹介してまいりましょうw


あっ、前フリが かなり長くなって
しまいましたが、それでは、
動画のはじまり はじまり~。





動画再生→クリック










あっ、そうそう。

9/15(月) 祝!敬老の日、
ということで、限定30名様分ですけど、
こんな無料サービス始めることにしました。




【あなたの想いも一緒にお届け!
 無料 お手紙 同封サービス 】








それでは、また、お会いしましょ (^O^)ノ




  






スポンサーサイト
2014.08.09 Sat l 新着情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kitakari.blog27.fc2.com/tb.php/960-78919630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。