上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、イタリア在住のKae様に「かりんとう」を発送させて頂いたんですね。
その数日後、頂いたのがこのメール。

「イタリアで応援団」も結成してくれたそうで。
あまりにも感激したので、ご本人に承諾をもらって
ご紹介させて頂くことになりました。 

お婆様が取りもってくれたご縁に、感謝。

                          かりんとう宣教師 高山

…………………………………………………
以下、原文。


かりんとう、キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!!!!!!!!!


うるさすぎてごめんなさい。
今週の火曜日に税関を出たあたりだったので今日ごろかと首を長くして待っていたら、
仕事中にうちの上のひとから電話がきて、荷物が届いたとのこと。

そりゃもうわたくし全速力で帰ってまいりましたよ。
(帰りの列車の中ではそりゃもう走ってしまいそうでした)

そしていま食べてます。。。。。感動で言葉がありませぬ。

ほんとうにおいしいです。甘さも硬さも、「ちょうどよい」という言葉はこのかりんとうのために出来たのではと思うほど。
ふつうの市販のかりんとうのような、あの袋を開けたときの、安い油の鼻につくにおいなどまったくなく、
とても上品で、繊細で、北海道の粉雪のようなかりんとうたちです。
3種類を二袋ずつ購入させていただいたので、さっそく一種類ずつあけて(早すぎる)
5本までと決めて味見をしておりますが、
自称大グルメお菓子博士を名乗るkaeとしては、北かりさまのかりんとうたちは、
もう群をはるかに抜いて一等賞でございます(ほんとに)

実は先日、長年病に臥していた、父方の祖母が亡くなったとの連絡を両親から受け、
毎日泣いて過ごしていたのですが、
こちらのかりんとうで、大変元気を頂きました。

昔、大切に大切にかわいがってくれた小樽のおばあちゃんは、
わたしが行くと、必ず帰りにたくさんのお菓子をおみやげに持たせてくれて、
その中でも私の一番好きだったのが、かりんとうでした。

虫の知らせ、だったのか、
フラフラと楽天でかりんとうを探して、コレ!と思ったかりんとうに出会えたのは、
もしかして、遠くに行くおばあちゃんが、
最期にわたしに渡してくれたおみやげだったような気がしてなりません(また涙が出る)

心して食べさせていただきます。
誰にもひとつもあげません!!(←ケチ)

本当に、ありがとうございました。

寒さの厳しくなる折、皆様どうぞお身体をご自愛してくださいませ。
貴店のますますの繁栄を、遠くイタリアより、心からお祈り申し上げます。


Kae@イタリア北かり応援団支部(←勝手に)
スポンサーサイト

2010.11.16 Tue l 新着情報 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
1日5本までのはずがもうとっくにありませんよ(滝汗
あううぅ禁断症状出そうですよ
2010.11.17 Wed l イタリア支部. URL l 編集
ありがとうございます!
おぉ~! イタリアからお返事ありがとうございます。

もう、とっくに無いとは!

スゴイペースでご賞味頂いたようで、本当に嬉しいかぎりです。

こうなったら、イタリア支店、検討しますかぁ!(^O^)ノ
2010.11.18 Thu l かりんとう宣教師 高山. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kitakari.blog27.fc2.com/tb.php/446-1428666f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。